レボフロキサシンの効果や成り立ちを詳しく解説します

レボフロキサシンとは

レボフロキサシンとは、抗生物質であるクラビットやレボフロックスに含まれている有効成分です。

ニューキノロン系という系統に分類される成分で、体内に侵入した細菌が増殖できない状態にすることで死滅させる働きがあります。

対象となる疾患と細菌の種類が多いのが特徴で、ほかの系統の抗生物質では効きにくい細菌も死滅させることができます。

また、ペニシリン系やセフェム系など、ほかの系統の抗生物質にアレルギーがある人でも使うことができるという魅力もあります。

これらの特徴や魅力があることから、日本国内で多く使われる抗生物質になりました。

レボフロキサシンの効果

レボフロキサシンとは、抗生物質であるクラビットやレボフロックスに含まれている有効成分です。

ニューキノロン系という系統に分類される成分で、体内に侵入した細菌が増殖できない状態にすることで死滅させる働きがあります。

対象となる疾患と細菌の種類が多いのが特徴で、ほかの系統の抗生物質では効きにくい細菌も死滅させることができます。

また、ペニシリン系やセフェム系など、ほかの系統の抗生物質にアレルギーがある人でも使うことができるという魅力もあります。

これらの特徴や魅力があることから、日本国内で多く使われる抗生物質になりました。

レボフロキサシンの副作用

レボフロキサシンは副作用が少なく、現れたとしても軽い症状で終わることがほとんどです。

しかし、場合によっては重い副作用が現れることもあるので、注意が必要です。

軽い副作用は発疹や蕁麻疹、日光に当たった箇所が赤くなったり水ぶくれができたりする特徴的な光線過敏症です。

ほかにも、腹痛や下痢、軟便、吐き気といった胃腸症状も報告されています。

重い副作用ではアナフィラキシーショックや重度の皮膚・粘膜障害、重い不整脈などの症状が報告されています。

レボフロキサシンを含む医薬品を使うときは、このような副作用があることを覚えておきましょう。

レボフロキサシンを開発したのは第一三共

レボフロキサシンを開発したのは、第一三共株式会社という日本の製薬会社です。

第一三共株式会社は東京都に本社を置いており、2013年の時点で国内業界3位を獲得した大手の会社です。

この会社はすでに開発されている抗菌薬から、さらなる研究を重ね、レボフロキサシンを開発しました。

レボフロキサシンを含んだ医薬品はクラビットを名付けられ、先発薬として発売されました。

現在、クラビットは世界的に有名な抗菌薬の一つになっています。

レボフロキサシンの名前の由来

世界的に有名なレボフロキサシンの名前は、どのようにして名付けられたのかは不明です。

しかし、レボフロキサシンを主成分として作られたクラビットは、熱望する・切望するという意味をもつ「Crave it」から「CRAVIT」と名付けられました。

こういった意味の言葉を使うことで、待ち望まれた薬剤であることを表現しました。

レボフロキサシンの歴史

現在は世界的に有名な成分であるレボフロキサシンですが、どのような歴史があるのでしょうか。

レボフロキサシンは、1985年に日本で開発された抗菌薬「オフロキサシン」から、研究を重ねて作られました。

この成分が誕生したのは1993年のことで、そこから3年後の1996年にはアメリカで医療承認されました。

2008年の5月にはクラビットの後発医薬品が作られるようになり、さまざまなクラビットのジェネリック医薬品が登場するようになりました。

現在はWHO必須医薬品モデル・リストに収録されています。

WHO必須医薬品モデル・リストとは?

レボフロキサシンが収録されているWHO必須医薬品モデル・リストとは、一体どのようなものか気になる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

WHO必須医薬品モデル・リストというのは、世界保健機関によって策定された医薬品のリストです。

約300品目もの医薬品が収録された必須医薬品の一覧表で、必須医薬品とは「大多数の人々が健康を保つために必要不可欠なものである」と定義されています。

医療援助の際の指標ともされており、1977年以降、定期的に改訂・発行されています。

レボフロキサシンはレボフロックスのような後発薬が開発可能

レボフロキサシンを含む抗菌薬の中で、最初に作られたのはクラビットです。

しかし、クラビットが発売されてから長い時間が経っており、現在はさまざまなジェネリック医薬品が作られています。

一口にクラビットのジェネリック医薬品といってもたくさんの種類がありますが、中でもオススメなのがレボフロックスです。

レボフロックスは通販を利用すれば簡単に手に入れることができ、価格もクラビットよりうんと安い価格になります。

それなのにクラビットと同じ効果と期待できるので、非常にお得といえるでしょう。

レボフロキサシンの効果を実感したいときは、通販でレボフロックスを選ぶことをオススメします。

icon